協会概要

京都府洋菓子協会の会員が
コンテストで受賞した作品を紹介します。
 

京都府洋菓子協会について

コンテスト作品紹介

西日本洋菓子コンテスト - 2011年(第52回) -

西日本洋菓子コンテストは、昭和33年より開催されている若手技術者の登竜門として伝統と歴史ある大会です。
競技は、持ち込みの部と、会場のキッチンで制限時間内に製作する実技の部で競われます。
毎年、京都府・大阪府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県・岡山県、2府5県の洋菓子協会で共同開催され、大会会場は、兵庫・大阪・京都を巡回しております。

2011年(第52回) 於:神戸国際調理製菓専門学校

当日製作実技は、

第1部 Aクラス (経験年数8年以上) 作品点数11点
Bクラス (経験年数4年以上8年未満) 作品点数19点
Cクラス (経験年数4年未満) 作品点数31点

持ち込みの部では、

第2部 味と技のピエスモンテ 作品点数17点
第3部 チョコレート工芸菓子 作品点数17点
第4部 小型工芸菓子 作品点数14点
第5部 マジパン細工 作品点数51点
第6部 ディスプレイ 作品点数13点

それぞれの部門で腕を競い合い、審査が行われました。京都府洋菓子協会から入賞を果たされた作品を紹介します。

第1部 Cクラス 銀賞

バイカル 中江梓さん

今年は”ウェディング”がテーマということで、私は和装の結婚式をイメージし作品を作りました。先輩方にもアドバイスをいただきながら、作品を形にしていき、特に御所車と新郎、新婦にはこだわり何度も練習をしました。今回このような形で銀賞をいただけたのも、私1人の力ではなく先輩方はじめ私が練習に集中できる環境を作ってくれた仲間、みんなの支えと協力があったからです。本当に感謝しています。この経験をステップに更に上を目指し、また日々の仕事の中で皆に恩返ししていきたいと思っています。本当にありがとうございました。

第1部 Cクラス 銅賞

菓欒 玉木千恵さん

今回は銅賞を頂き、嬉しく思います。コンテストに出ると決めたものの、直前までデザインが決まらず、思い悩む日々でした。今回、コンテストに参加するにあたり、店のチーフや奥さんをはじめスタッフの皆及び、技術的ご指導をして下さった方々に多大なるご協力を頂きました。本番ではうまくいかない事ばかりでしたが、私には”あきらめる”という選択肢はありませんでしたので無心にできる限りの事をしました。それも協力して下さった方々の支えあっての事ですので、今回このような形で恩返しができた事を本当に嬉しく思います。これからも精進致します。本当に有難うございました。

2009年(第50回)~の入賞作品をご覧いただけます。
2013年(第54回)の入賞作品
2012年(第53回)の入賞作品
2011年(第52回)の入賞作品
2010年(第51回)の入賞作品
2009年(第50回)の入賞作品

ページの先頭へ